モバイル通信比較・ワイモバイルとWiMAX

「モバイルWiFiを買いたいと思っているけど、無制限&高速モバイル通信として今流行りのWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイル提供のポケットWiFiのどちらにすべきか迷ってしまっている。」という人の為に、双方を比較してみたいと思います。

「WiMAXを買う予定だけど、サービスエリア内か否かがはっきりしない。」とお考えの方は、「15日間無料お試し」がありますから、その無料期間を利用して、日頃の生活で使用してみることをおすすめします。

オプションにはなるのですが、WiMAXのエリア圏外だとしても、高速で評判のLTE通信が使用可能な機種も販売されているので、ズバリ申し上げてこちらの機種を保有していれば、日本全国でほとんどモバイル通信ができるわけです。

ポケットWiFiと言いますのは、携帯と同様に各端末が基地局と無線にて接続されますので、難しい配線などで頭を悩ますことがありませんし、ADSL又はフレッツ光を申し込んだ時みたいな開設工事もする必要がないのです。

モバイルルーターのことをリサーチしていると、頻繁に目にするのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。

いろいろと見ていくと、4万円を若干下回るくらいの高額なキャッシュバックを行なうとしているプロバイダーも見られます。

ひと月の料金は言うまでもなく、回線の速度であるとかキャッシュバックキャンペーンなどにも注目することが必要だと考えます。

それらを勘案して、このところ人気があがってきているモバイルルーターをランキング形式にてご紹介します。

ワイモバイルが販売しているポケットWiFiは、一定水準のパケット通信量を越しますと速度制限を受けます。

因みに速度制限が掛けられる通信量は、購入する端末毎に規定されています。

WiMAXにつきましては、本家であるUQだけじゃなく、MVNOと呼ばれている会社が取り扱っております。

詳しくはこちらのサイトから

>>WiMAXが安いキャンペーン比較情報

さすがに速さとか通信サービスエリアが変わってくるということはないと明言しますが、料金やサービスは違います。

プロバイダーの1つ「GMOとくとくBB」は、高額なキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、バックされる現金を手堅くゲットするためにも、「キャッシュバック振込準備完了メール」が届くようにメール設定しておきたいものです。

すべてのモバイルルーターに3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限規定があります。しかしながら無謀な使い方を控えれば、3日間で3GB分使うことは大概ないので、それほど心配しなくても問題ありません。

ソフトバンクの通信ブランドであるポケットWiFiについては、WiMAXほど高速ではないですが、その周波数の関係で電波が届きやすくて、屋内にいようとも必ず接続できるということで大人気だとのことです。

プロバイダー各々キャッシュバックされる時期は違うのが普通です。

リアルに入金される日は一定の期間を経過した後となるはずですので、そのような部分も納得した上で、どのプロバイダーで買うかを判断しましょう。

モバイルWiFiの分野におきまして、ワイモバイルのポケットWiFiが低価格競争を誘発しております。

ワイモバイルの出現がなかったとしたら、今のモバイルWiFiの分野においての価格競争は起こらなかったと考えます。

WiMAX2+のギガ放題プランの場合、月々7GBというデータ使用量の上限はありませんが、3日間で3GBを越えるようなことがありますと、速度制限が掛かるということを頭に入れておいてください。

プロバイダー各社が掲載しているモバイルルーターの一ヶ月の料金やキャッシュバックキャンペーンを比較して、ランキング順に掲載しました。ルーターを探している方は、是非目を通してみることをおすすめします。